プラレールバカ2代

8の字ポイントとY字ポイントの使い方

今回は正直あってもなくても…というポイントですが、あったらあったでおもしろいポイントです。

150520-01.jpg

左二つが8の字ポイントレール(R-12)、右側二つはY字ポイントレール(R-22)です。

8の字ポイントレールは曲線レールをYの字に組み合わせた形をしていますね。
Y字ポイントレールは単線・複線ポイントレール(R-13)のようですが、それよりも幅がやや広いです。
また両方のポイントレールに言えるのはポイント分岐後の出口が凹と凸、両方あるということです。
これはターンアウトレールや単線・複線ポイントとは違った特徴です。

まずY字ポイントですが、この幅の規格は複線幅広ポイントレール(R-15)と同じです。
つまり複線を幅広にしたいときは複線幅広ポイントレールを使って、単線を幅広複線にしたいときはY字ポイントレールを使えばいいんです。

150520-02.jpg

ね、幅は一緒でしょ?
この幅広のスペースに駅を入れると島型駅の完成です!

さて次に8の字ポイントレールですが…
実はこれ、プラレールの公式サイトのコンシェルや袋にはこんなレイアウトが紹介されています↓

150520-03.jpg
(曲線レール12本 8の字ポイントレール2本(1組))

まぁ8の字ポイントレールっていうくらいですから、当然と言えば当然の使い方です。
ですがこのレイアウトだと手動でポイントを動かさないと、同じ円をぐるぐる回り続けます。
そ・こ・で繋ぎ方にひと工夫をしてやります。

150520-04.jpg
(直線レール4本 曲線レール20本 8の字ポイントレール2本(1組))

ちょっと曲線レールが多めに必要ですが…
ただ、このレイアウトのいいところは自動的に上の楕円と下の楕円を行ったり来たりしてくれるということです。
また周回方向も時計回りと反時計回りを交互に繰り返します。

ちなみにY字ポイントレールでも同じことが可能で…

150520-05.jpg
(直線レール2本 曲線レール12本 Y字ポイントレール1本)

…を使えば、8の字ポイントと同様に行ったり来たりのレイアウトが可能です!
まぁでも8の字ポイントレールもY字ポイントレールも、プラレールのポイントの中ではややクセのあるレールで、僕は普通にレイアウトを組むときは滅多に使いません。
(1/4レールを併用しないといけないこともしばしば)

ターンアウトレールに飽きたらぜひ、手を出してみて。

コメント


管理者にだけ表示を許可する