プラレールバカ2代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターンアウトレールの使い方 前編

さてさて、直線と曲線を使ったレイアウトの要領がつかめてくると、やっぱり使いたいですよね?
ポイント(分岐)

ポイントを使うことで電車を好きな線路に誘導して、田舎から貨物基地を通り過ぎて都市へ、都市から高架線へ…
もう夢が広がリングです。

そこでおもちゃ屋へポイントレールを買いに行くと、たいがい目に留まるのが『ターンアウトレール(R-11)』です。
プラレールのレイアウトを紹介している各サイトでも、1本道のレイアウトでない限りほぼ確実に使われているポイントです。

ですが、意外と曲者なレールでもあります。
さて実物がコレです。

150128-01.jpg

実は直線レールと曲線レールをひとつにした形をしています。
そして分岐前の接続部の形状が凸と凹のタイプがあり、2つ1組になっています。
実際のレイアウトでも、(分岐先が行き止まりでない限り)片方のターンアウトレールで分岐をさせて、もう一方のターンアウトレールで合流させるような使い方をします。

これを見たとき、さっそくやりたくなるのは複線化された駅じゃないですか?
さっそく組んでみると…

150128-02.jpg

駅の左側を見てください。
悲しいことに、ちょっと長さが足りないのです…
継ぎ目の数を増やせば無理につなげないこともないでしょうけど、無理のないように考慮すると…

150128-03.jpg
(直線レール3本 曲線レール6本 駅1本 ターンアウトレール2本(1組))

こんな感じになっちゃいます。
まぁこれはこれで楽しげのあるレイアウトですが、複線化については『複線ポイントレール(R-15)』を手に入れるまで、基本的にはおあずけと考えてください。

じゃあ、どうやって使うんだよ!
ということになりますが、ふたつのレイアウトを重ね合わせるためのパーツと考えるといいでしょう。

つまり…

150128-05.jpg

のように円と楕円を重ね合わせるときに使います。

まず円と楕円が接するように配置して、ターンアウトレールで重ね合わせてみます。

150128-06.jpg
(直線レール2本 曲線レール14本 ターンアウトレール2本(1組))

さらに楕円の中に円を重ね合わせます。

150128-07.jpg
(直線レール2本 曲線レール10本 ターンアウトレール2本(1組))

これをちょっと変則的にすると…

150128-08.jpg
(直線レール2本 曲線レール10本 ターンアウトレール2本(1組))

楕円の中にもう一つ楕円のあるレイアウトです。

なんかプラレールっぽくなってきましたよね?
ターンアウトレールを語り始めると、長くなってしまいます(笑)
本当はまだまだレイアウトを紹介したいのですが、今回はここまで。
後編では少し応用した使い方を紹介できればと思います!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。