プラレールバカ2代

直線レールと曲線レールの使い方

さてさて、ではまずは『直線レール(R-01)』『曲線レール(R-03)』の使い方です。

どのレイアウトにも言えることですが、もっとも基本となるのは…これ

150114-01.jpg
(曲線レール8本)

です。
おい、ふざけんな!!…と思われそうですが、プラレールが走り続けるためには“円”の要素がとても大事です。
プラレールのレイアウトを紹介してるホームページは数ありますが、どれも基本的にはこの円を拡張したり、組み合わせたりしています。

例えば、横方向に直線レールを平行に各1本入れると…

150114-02.jpg
(直線レール2本 曲線レール8本)

になります。
ここからがポイントです。

この状態で縦方向にさらに直線レールを入れると…

150114-03.jpg
(直線レール4本 曲線レール8本)

と、まるで正方形のような形になりますが、縦方向ではなく斜め方向に直線レールを入れると…
150114-04.jpg
(直線レール4本 曲線レール8本)

と、このような平行四辺形のようなレイアウトができます。
単なる楕円のレイアウトより、おもしろくなったでしょ?

向かい合う位置に、次々と直線レールを入れていくと…

150114-05.jpg
(直線レール8本 曲線レール8本)

ちょっと…デカイですな。

というわけで、初回は円のレイアウトに次々直線レールを挿入して拡張していくレイアウトの紹介でした。
次回は直線レールを使わずに、曲線レールで拡張していくレイアウトを紹介します。

コメント


管理者にだけ表示を許可する