プラレールバカ2代

貨物ターミナル付きレイアウト

もじっと家では貨物列車に結構力を入れています!
リサイクルショップに行くと、ついついプラレールがないか探して、子どもと二人で漁りまくっております…(笑)

今回はせっかくの貨物や機関車たちを走らせるために、貨物ターミナル待避線(貨物列車などを一時停めておき、線路を特急や通勤列車に譲るための線)を意識したレイアウトに。

150526-01.jpg
(ターミナル部分 直線レール16本 単線・複線ポイントレール1本 単線・複々線ポイントレール1本 車止め6個 車庫1個)
(接続部 ターンアウトレール2本(1組))
(本線部分 直線レール6本 曲線レール13本 複線直線レール1本 複線曲線レール4本 ターンアウトレール5本 単線・複線ポイントレール2本(1組) 8の字ポイントレール1本 駅2本 曲線の駅1本 ストップレール2本 信号機1個 車止め3個)

画像上部、左側が機関庫になっています。
屋根付きの部分にはC12蒸気機関車とD51蒸気機関車、隣の線にはEF66、EF200、EF210電気機関車が並んでいます。
右側が操車場でコンテナ、タンク、無蓋車などと、入替機関車としてDD51ディーゼル機関車を並べました。
トミカのフォークリフトやトラックを配置すると、よりリアリティが出そうですね。

画像中央左側にも貨物ヤードを設置。
ここにはEF510電気機関車とコンテナを置きました。

本線レイアウトは長方形になっていますが、左右は複線になっており、本線を313系通勤電車が走行するときは貨物列車を待避線に停車をしておきます。

本線と待避線の合流付近に駅があるので、そこで通勤電車はストップ可能です。
さらに貨物ターミナルの出口付近に信号を設置してあります。

オススメの遊び方は、貨物ターミナルは手転がしで、本線は複数走らせるのではなく1編成のみにしたほうが遊びやすいと思います。
長い貨物列車を作って、音の出る踏切を設置すると、さらに楽しめそうですね!

8の字ポイントとY字ポイントの使い方

今回は正直あってもなくても…というポイントですが、あったらあったでおもしろいポイントです。

150520-01.jpg

左二つが8の字ポイントレール(R-12)、右側二つはY字ポイントレール(R-22)です。

8の字ポイントレールは曲線レールをYの字に組み合わせた形をしていますね。
Y字ポイントレールは単線・複線ポイントレール(R-13)のようですが、それよりも幅がやや広いです。
また両方のポイントレールに言えるのはポイント分岐後の出口が凹と凸、両方あるということです。
これはターンアウトレールや単線・複線ポイントとは違った特徴です。

まずY字ポイントですが、この幅の規格は複線幅広ポイントレール(R-15)と同じです。
つまり複線を幅広にしたいときは複線幅広ポイントレールを使って、単線を幅広複線にしたいときはY字ポイントレールを使えばいいんです。

150520-02.jpg

ね、幅は一緒でしょ?
この幅広のスペースに駅を入れると島型駅の完成です!

さて次に8の字ポイントレールですが…
実はこれ、プラレールの公式サイトのコンシェルや袋にはこんなレイアウトが紹介されています↓

150520-03.jpg
(曲線レール12本 8の字ポイントレール2本(1組))

まぁ8の字ポイントレールっていうくらいですから、当然と言えば当然の使い方です。
ですがこのレイアウトだと手動でポイントを動かさないと、同じ円をぐるぐる回り続けます。
そ・こ・で繋ぎ方にひと工夫をしてやります。

150520-04.jpg
(直線レール4本 曲線レール20本 8の字ポイントレール2本(1組))

ちょっと曲線レールが多めに必要ですが…
ただ、このレイアウトのいいところは自動的に上の楕円と下の楕円を行ったり来たりしてくれるということです。
また周回方向も時計回りと反時計回りを交互に繰り返します。

ちなみにY字ポイントレールでも同じことが可能で…

150520-05.jpg
(直線レール2本 曲線レール12本 Y字ポイントレール1本)

…を使えば、8の字ポイントと同様に行ったり来たりのレイアウトが可能です!
まぁでも8の字ポイントレールもY字ポイントレールも、プラレールのポイントの中ではややクセのあるレールで、僕は普通にレイアウトを組むときは滅多に使いません。
(1/4レールを併用しないといけないこともしばしば)

ターンアウトレールに飽きたらぜひ、手を出してみて。