プラレールバカ2代

トーマスで複線レイアウト

久しぶりの更新になっちゃいました。
息子のプラレール好きは相変わらずですが、やっぱり大きくなるといろんなことに興味を持って、遊びの幅も増えていきます。
工作やお絵かきをしていると、我が子の成長をうれしく思うのです。

しかし最近滅多に遊ばなくなったトーマスで遊んでもらおうと、父ちゃんが一計を…

170823-01.jpg

ホビーオフで集めた色とりどりの荷物を運ぶトーマスに、急行列車を引くゴードン、留置線にはエミリーとロッキーを置いてみました。
トーマスとゴードンのすれ違いもなかなか迫力があります!

朝、息子が起きると大喜び!
嫁に怒られるまでパジャマ姿で遊んでいました。

父ちゃんもうれしくなり、仕事に向かいました。
しかし家に帰ると、トーマスたちはきれいに片付けられて、代わりに長編成の貨物列車が走っていましたとさ。

さて子どもが大きくなるとすれ違いに興味を持ってくるようで、複線レールが活躍します。
しかし外側の曲線レールは普段使うものと半径が違うので、複雑なレイアウトは困難です。
だからこそ内側を凝ってみたり、直線を長くして迫力を出すのも面白いかもしれません。
特に直線が長いと長編成のプラレールを安定して走らせられます。

ポイントを多用したレイアウト

今回はターンアウトレールと単線・複線ポイントレールを多用したレイアウトです。
何もこの通りでなくても、こーゆー使い方もありますよ的に見ていただけたら、うれしいです。

151117-01.jpg
(直線レール9本 曲線レール19本 ターンアウトレール6本(3組) 単線複線ポイントレール4本(2組))
カーブが多いので、曲線レールが大量に必要です。

外周を本線、分岐部分を支線と見立てて、トーマスごっこなんか楽しそうです。

ターンアウトレールと8の字ポイントをつかったレイアウト

これはたまたま我が家の子ども部屋に敷いてあるカーペットを見て、思いついたレイアウトです。
駅の部分を複線化し、上下に二つの線路がひいてあります。
S字カーブやポイントが連続しているところでは、ダイナミックな走りになってなかなか面白いです。

複数のプラレールを走らせてみたり、駅で折り返し運転をしてみたりと、コースが単純な割にストーリーは作りやすいかもしれませんね!

150707-01.jpg
(直線レール4本 曲線レール16本 ターンアウトレール3本 8の字ポイント1本 1/2直線レール1本 1/4直線レール2本 駅1本 踏切1本)

上のループは普通の楕円型ですが、下のループは8の字ポイントの都合上で凸と凸または凹と凹になってしまうので、1/4直線レールでの調整が必要です。

今回の画像の載っているプラレールですが、マニアの方なら気づくはず。
名鉄の名車です。
プラレール自慢はまた後日に。

貨物ターミナル付きレイアウト

もじっと家では貨物列車に結構力を入れています!
リサイクルショップに行くと、ついついプラレールがないか探して、子どもと二人で漁りまくっております…(笑)

今回はせっかくの貨物や機関車たちを走らせるために、貨物ターミナル待避線(貨物列車などを一時停めておき、線路を特急や通勤列車に譲るための線)を意識したレイアウトに。

150526-01.jpg
(ターミナル部分 直線レール16本 単線・複線ポイントレール1本 単線・複々線ポイントレール1本 車止め6個 車庫1個)
(接続部 ターンアウトレール2本(1組))
(本線部分 直線レール6本 曲線レール13本 複線直線レール1本 複線曲線レール4本 ターンアウトレール5本 単線・複線ポイントレール2本(1組) 8の字ポイントレール1本 駅2本 曲線の駅1本 ストップレール2本 信号機1個 車止め3個)

画像上部、左側が機関庫になっています。
屋根付きの部分にはC12蒸気機関車とD51蒸気機関車、隣の線にはEF66、EF200、EF210電気機関車が並んでいます。
右側が操車場でコンテナ、タンク、無蓋車などと、入替機関車としてDD51ディーゼル機関車を並べました。
トミカのフォークリフトやトラックを配置すると、よりリアリティが出そうですね。

画像中央左側にも貨物ヤードを設置。
ここにはEF510電気機関車とコンテナを置きました。

本線レイアウトは長方形になっていますが、左右は複線になっており、本線を313系通勤電車が走行するときは貨物列車を待避線に停車をしておきます。

本線と待避線の合流付近に駅があるので、そこで通勤電車はストップ可能です。
さらに貨物ターミナルの出口付近に信号を設置してあります。

オススメの遊び方は、貨物ターミナルは手転がしで、本線は複数走らせるのではなく1編成のみにしたほうが遊びやすいと思います。
長い貨物列車を作って、音の出る踏切を設置すると、さらに楽しめそうですね!